きな粉と大豆粉の特徴と違い

多くの人が大豆粉ときな粉は、同じものと思われていると思いますが、大豆を原料として、粉末状にしたものという共通点があるものの大豆粉ときな粉では、製法が異なり、調理に合うかなども違ってきています。大豆粉ときな粉の製法の違いやカロリーや糖質量も異なると言えます。

大豆粉ときな粉の違いについて

大豆から出来ているという事から大豆粉きな粉の粉製品の細かな違いは意外と認知されていないかもしれません。
そもそもきな粉と大豆粉は製法によって大きな異なるポイントがあります。

基本的に大豆粉は生の大豆をただ粉末状に挽いた粉であり、きな粉は大豆を一度煎ってから粉末状に挽いた粉と言えます。
大豆粉は生の大豆から作られて、きな粉は加熱された大豆から作られています。
大豆粉は火を入れる料理に使用されていて、きな粉は一度は加熱されている事からそのまま使用がオーソドックスであり、調理シーンの大きな違いがあると言えます。

大豆粉ときな粉のそれぞれの特徴を考えると小麦粉に比べて大豆粉やきな粉は糖質量が少ないので、ダイエットなどでの糖質制限をしたい時には大豆粉やきな粉が、小麦粉の代わりとして利用できます。
食物繊維量のことを考えると、きな粉の含有量がもっとも高い事からダイエットに最適の食材として女性には人気があります。
食物繊維が高いことは、体外に老廃物を排出してくれる働きがより期待出来ることから、女性の悩みでもある便秘の症状も助けてくれます。

きな粉は、そのまま食べることが出来ると認知されていますが、大豆粉は生の大豆を煎ったものなので、調理の際には加熱が必要になります。
きな粉と大豆粉は、100gで考えた時の脂質量が25g前後と、小麦粉と比べると大幅に多い特徴があります。
脂質は炭素を含む事から加熱すると、焦げて黒くなりやすいといった性質がある事から、お好み焼きやケーキさ、通常小麦粉が使用されて、大豆粉やきな粉は避けられる理由と言えます。
大豆粉やきな粉を加熱して調理する時には、加熱し過ぎないように注意する必要があります。

大豆粉ときな粉の料理としての考え方

大豆粉ときな粉の違いは認知されていないだけでとても単純と言えます。
生のままか、加熱して作ってあるのかという違いですが、大豆粉は生のままでは消化が良くないので基本的には、調理する必要があります。
特徴を生かしたレシピや調理に使用することが肝要です。ダイエットに大注目の大豆粉やきな粉ですが、ヘルシーに食べることが出来るので、オススメの食材と言えます。

自然食品のお店サンショップのオススメ

アリサン G41 有機大豆粉 500g

商品を見る

有機JAS認定のオーガニック食品です。大豆を粉砕しただけの粉です。加熱処理はしておりません。お菓子やパン作りに。