送料改定と送料についてのアンケートのお願い

これまで、サンショップではできるだけお買い物しやすいようできるだけ安い送料でお届けする努力をしてまいりましたが2017年10月1日からのヤマト運輸宅急便値上げに伴い、まことに申し訳ございませんがサンショップの送料を変更させていただきます。

今回の値上げはかなりの値上げとなります。お届けの地域によって変わりますが約20%~40%の大幅値上げとなってしまいます。

現在値上げ方法を検討しておりますが、以下のいずれかにしたいと思っております。
そこで、お客様にとってどの値上げ方法だったら少しでも影響が少ないかアンケートを採らせていただきたいと思います。

質問内容は以下のとおりです。

この度の送料値上げにつきまして、お客さにとって一番影響が少ない値上げ方法はどれですか?

  1. 5,000円円以上お買上げで送料無料。5,000円未満の送料は250円~350円程度の値上
  2. 8,000円以上お買上げで送料無料。8,000円未満の場合は150円~250円程度の値上げ
  3. 10,000円以上お買上げで送料無料。10,000円未満の場合は今までどおりの送料
  4. 他の運送会社にする。(100円~150円程度の値上げ)

アンケートはこちらからご回答ください。

メールアドレスをご記入頂きましたお客様にはサンショップギフト券(100円分)をプレゼントさせていただきます。

お忙しい事とは思いますが、ぜひお客様の声をお送りください。
ご面倒をおかけいたしますがなにとぞよろしくお願いいたします。

お客様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
今後も商品内容やサービスの充実をはかることで、お客様にこれまで以上にご満足していただけるよう努力していく所存でございます。どうぞ今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

甘口や辛口の違いで自然食品のマヨネーズを見極める

マヨネーズというのはどれを使ってもあまり味は変わらないという印象の人が少なからずいる気がしますけど、実は結構味が違うと言える部分があるのです。
それが甘口や辛口という違いです。

松田 マヨネーズ辛口 300g 平飼いの健康な鶏の新鮮な卵をはじめ、食べる方の身になり、厳選した原材料だけで作った自然食品です。究極のマヨネーズです。

マヨネーズにカレーみたいに甘口、辛口などの種類があるということを知らない人もいると思いますが、商品によってはそういったバリエーションが存在している場合もあるのです。
通常のマヨネーズは基本的に辛さはそこまでないと思うのですが、甘さもそこまでない気がします。
だから、甘口、辛口というものを選べば、どちらも普段使っているマヨネーズとは違った味を楽しむことができるのではないか?と思うのです。

通常のタイプのマヨネーズについても十分美味しいと感じている人もいると思いますけど、甘さや辛さが強調されたものを使うことで、そっちのマヨネーズの方がより美味しいと感じられる可能性があると言えるでしょう。
そして自分が甘いものが好き、または辛いものが好きという傾向はなんとなく判断できると思うので、そういった経験を踏まえて、どちらかのマヨネーズを使ってみると、自分の好みに合うマヨネーズを見つけ出せる可能性があります。
そうなればキャベツ、レタス、トマトなどを含んだ定番のサラダ以外にも、マヨネーズを使える機会が増えるかもしれません。甘さや辛さが加わることで、以外の食材や料理に合う可能性があるというのも、こういったマヨネーズの魅力の1つになるでしょう。

松田 マヨネーズ甘口 300g 平飼い鶏の卵をはじめ、食べる方の身になって厳選した原材料だけで作った究極のマヨネーズです。マスタードを控えめにしています。原料にこだわった自然食品です。

実際、甘い、辛いマヨネーズはどういったものを混ぜて作っているのか?というと、ものによっても違いますが、甘いものははちみつを、辛いものはマスタードなどを、混ぜている場合があります。
そういった素材の影響によって味が微妙に変化するということが起きているのですが、そういった微妙な変化であっても、実際に味わってみたときには大きな変化として感じられる可能性があるので、はちみつやマスタードといったものがいい仕事をしているということになるのでしょう。

マヨネーズがあまり好きではないという人にとっても、そういった味のものを使用すると思わぬ感動を得られることもあると思うので、知っておいてほしいと思いますし、機会があれば甘口や辛口という種類になっているマヨネーズを使用してみてほしいと思うのです。
甘口、辛口といった部分が、特定の人にとって美味しいと感じるマヨネーズの見極め方の基準になる可能性がありますが、こういった品はインターネットで検索をすると見つかりやすいと思います。

夏のお料理はできるだけ手を抜きたい。簡単ナムルの盛り合わせ

夏のお料理はできるだけ手を抜きたいもの。
冷めてもおいしくて作り置きができるナムルは、冷蔵庫にあると、あと1品というとき重宝します。
材料はなんでもよくて、それこそ残り野菜でかまいません。
生で食べられる野菜ならすべてO.K.。

笛木醤油 金笛 ごまドレッシング 390ml 最高級のコーン油と胡麻をベースにゆっくり時間をかけて練り上げた自然食品です。胡麻の風味そのまま生かしたドレッシング

おすすめは、ぜんまい、豆もやし、春菊など。切干大根もいいですね。
基本はすべて、蒸すか茹でるかした食材を、ごま油ベースのドレッシングで和えるだけです。
硬い食材は千切りに、あとの食材は適当に食べやすく切り、茹でるか蒸すかして火を通したら(めんどうならレンチンでO.K.)、おろしにんにく、おろししょうが、すりゴマ、長ネギのみじん切り、それにゴマ油を各同量混ぜ合わせたものを倍量のおしょうゆでのばしたものでよく和えます。そしてしばらく味をなじませれば完成です。

コツとしては、火を通した食材の水気をよーく切ること。水切りが甘いと、和えたあとで食材から水分が出てきて水っぽい仕上がりになってしまいます。ぜんまいやにんじんなど歯ごたえのあるものは、茹でるのではなく少量のごま油で炒めるといいでしょう。また、作ってから食べるまでにある程度時間がある場合には、あらかじめ少量のドレッシングでさっと和えておき、食べる直前にドレッシングを追加してしっかりからめると味がぼやけません。
色どりを考えて、緑色のもの(ほうれんそうや春菊などの青菜)、赤いもの(にんじん)、黒いもの(ぜんまい、ひじきなど)、白いもの(もやし、切干大根、たまねぎ)を各色作って盛り合わせれば、結構見栄えのする前菜になります。

そしてナムルのドレッシングは自在に応用できます。カレー味にしたり、ゆずこしょう味にしたり、すりゴマをやめてクレイジーソルトを主役にしたり。レモンやお酢を足すのも夏っぽくていい感じです。まずは基本のドレッシングで最初のナムルをあえておき、次に残りのドレッシングを小皿にとりわけ、薬味やお酢を足しながら、次々と味を変えていくと色んな味のナムルが一度にできます。

ナムルは他のお料理にも応用できます。
たとえば、春雨、わかめ、豆腐などを加えて中華スープの具に。
あるいは、ご飯に各色のナムルをきれいに盛り広げてビビンバに。
こまかく刻んだナムルをスープと水溶き片栗粉であんにすれば、あんかけチャーハンやあんかけ丼があっという間にできあがります。
マクロビオティックを意識するなら、ビビンバやあんかけ丼に玄米ご飯を使いましょう。

薄口しょうゆとその使い方

薄口しょうゆは、別名では淡口しょうゆとも言われています。
しょうゆの色が淡いことから、「淡口しょうゆ」と言われていたのですが、「薄口しょうゆ」と言い方が同じなので、薄口しょうゆとも呼ばれるようになったのです。

大豆・小麦・塩で作られていて、濃口しょうゆと比べて色は薄いのですが、塩分濃度は濃口しょうゆに比べると若干高いです。

海の精 うすくち醤油 500ml 国内産大豆・小麦使用の自然食品です。 煮物や汁物を美しく仕上げる

素材の色を生かした料理を作るときにオススメなしょうゆです。
煮物やお吸い物、出しまき卵を作るときにも、素材の色をそのままに、しっかりとした味付けの料理が出来ると言われています。
濃口しょうゆよりも、塩分濃度が高いので、塩分に気をつけている人には使いすぎのないように気をつけなければいけません。

薄口しょうゆは、関西では一般的だといわれています。
濃口しょうゆと同じ製法で作られているのですが、発酵する際には加える食塩水の濃度が高いので、発酵が抑えられ、色が薄いのは、発酵時間が短いからだと言われています。
薄口しょうゆの味をまろやかにするために、甘酒を使うこともあると言われています。

ヤマヒサ 杉樽仕込頑固なこだわり醤油うす口 720ml 国内産農薬不使用栽培の大豆・小麦から作られた自然食品です。

出し巻き卵を作るときには、黄色の卵焼きにしあげつつ、しっかりと味がしみ込んだものを作りたいですよね。
濃口しょうゆを使えば、卵の色も変わってしまいますが、淡口しょうゆを使えば、黄色の卵焼きを作ることが出来ると言われています。

薄口しょうゆは、白身魚を料理するときにも、オススメだと言われています。
素材の味を生かしつつも、しょうゆの旨味とマッチして美味しく仕上がります。

素材の色を変えたくないときには薄口しょうゆは欠かせないのです。
しかし、塩分を気にしている人には、濃口しょうゆを使うようにして使わないように気をつけなければいけません。

塩分濃度の違いはありますが、薄口しょうゆの使い方は、濃口しょうゆとほとんど変わりません。
煮物や和え物などに使ったり、かけしょうゆとしても使えるのです。

色の薄い食材を調理するときには淡口しょうゆを使うなど、素材によって、使うしょうゆを使い分けするといいですね。

風味や味、香りにも優れているので、淡口しょうゆも素ごくオススメです。
原料もしょうゆと同じですが、最近では、安く販売されているものもあります。

本物のしょうゆの味を追求したいときには、原材料のチェックも欠かさず行うといいでしょう。

その時によって使い分けて、薄口しょうゆの魅力をしっかりと体感してみてください。
そして、原材料名にも注目です。

日本のだしとブイヨンの違いとだしの種類について

多くの料理に欠かせないものとして、日本ではだしと呼ばれていますが、フランスではブイヨンと言います。

洋食のだしは、肉や魚と野菜の出汁で作ったものをブイヨンと言い、和食の鰹と昆布の一番出汁だしと同じで、味わいは全く違うものになり、料理に合わせて相性が変わるので、使い分けをする事が良いです。
洋食のだしは厚みがあるゼラチン質の旨みのだしで、フレンチの味付けは、多くの調味料やハーブなどを使う事で、アクセントをつけて仕上げていきます。
日本料理のものと違って、骨も叩き割って長時間煮込む事で、抽出できるだしです。
冷えた洋食の出汁は、肉も魚もゼラチン質で固まるものが多い特徴があります。

日本食で一番ポピュラーな鰹と昆布の一番出汁は、厚みはないがすっきりとした、旨みのキレが強いだしと言えます。
料亭などではだし作りが一番の基本とされ細かい日本の料理に合っていると言えます。
多くの料理に使用されるスッキリとした味わいの日本のだしは日本人に愛されていると言えます。
日本のだしは日本料理に限らずにポトフなど味がボーッとしがちな料理に、日本料理の出汁を加え、アクセントをつけて仕上げる事もおすすめと言えます。
料理をしていていまいち何か味が足りない気がする事や味がぼやけている事は多く感じる事があると思いますが、日本の出だしを加えるときゅっと引き締まると言えます。

最近では日本のだしでは、簡単に使えるだしが市販されているので、とても便利になったと言えます。

オーサワジャパン オーサワの野菜ブイヨン(液体) 360ml 植物性素材でつくった洋風だしの素 国内産野菜と有機白醤油が素材の味を引き立てる自然食品です。

液体だしは、多くの種類のだしが液状になっていて、1回分ずつの袋に入っている物や瓶に詰められたものなどがあります。
濃縮されたもので、使用時は水やお湯などで薄めて使います。
鍋用のだしやうどんのつゆ用のだしが挙げられます。

固形だしは、水分を取り除いて顆粒状にしたり固形にされただしです。
イノシン酸という鰹の旨み成分だけを抽出して食塩を加え、顆粒状にしたものが一般でよく使用されています。

サンワ調味 純だし一番 56g(7g×8袋) 国内産原料100%の自然食品です。 6種類のダシをブレンド 手軽で便利なティーパックタイプ 上品でうまみのあるダシがとれます。

だしパックは、加工されただしとは少し異なり、手軽にだしをとることができるように、鰹節や昆布を破れない丈夫な紙のパックに入れて、熱湯にパックを入れてだしをとるものです。
科学調味料と違い、だし本来のものがとれるので風味も一味違うと言えます。

日本で良く使われるだしは、海外のブイヨンとは材料が大きくことなりますが、だしもブイヨンも料理にはとても大切なものの一つです。
和食や洋食に関係なく使い分けする事が肝要です。

マクロビオティック料理セミナーのご紹介

CI協会主催【自然食品店のための料理教室 「健康でキレイになるための食事」マクロビオティック料理セミナー】が小田原で行われます。
サンショップの紹介でお申込み頂きますととてもお得に参加できます。
お近くの方はいかがでしょうか。

お申込みは電話または、以下のPDFファイルを印刷しFAXで思い仕込みください。

※注:お電話での申込みは必ず「サンショップの紹介」と伝えてください。

セミナー内容

  • メニュー
    ・野菜のテリーヌ
    ・玉ねぎハンバーグ
    ・ドライフルーツ入りみずまんじゅう など
  • テーマ食材
    ・野菜ブイヨン(液体)
    ・本葛(微粉末)

講師:滝田 美智子(たきた みちこ)
ナチュラルフード・コーディネーター。リマ・クッキングスクール師範科ゲスト講師。
自然食料理研究家早野登美江の長女として幼い頃から自然食に親しむ。
雑穀料理やテンペの調理法等をおしゃれに提案している。

日時 :8月27日(日)11:00~14:00(受付10:30~)
場所:小田原ガスショールーム「ecolia」ダイナシティ店
住所:神奈川県小田原市中里296-1
電話:0465-46-0777
交通 :JR東海道線「鴨宮」下車。北口バス停から
「ダイナシティ行き」に乗車。約10分。
小田原東郵便局前下車。徒歩2分。

参加費:通常10,000円→2,000円(サンショップご紹介のお客様
(1名様分の金額です)

持ち物:エプロン、三角巾、筆記用具、ハンドタオル

定員 15名※お申込み多数の場合は小売店様を優先とさせていただきます。

 

参加特典:当日お持ち帰りいただけるお土産品をご用意しております!

★内容・食材は都合により変更になる場合があります。予めご了承ください。
★定員に達し次第、締切となりますのでご了承ください。
★ご招待状などのご案内は、開催日の約1週間前に発送いたします。

お申込みとお問合わせは
オーサワジャパン営業本部
TEL:0120-667-440 FAX:0120-588-038

料理セミナー申込用紙PDF

 

 

とってもヘルシーな自然食品のマヨネーズ

たこ焼き、お好み焼き、オムレツなど、今や食卓になくてはならない調味料のひとつに、マヨネーズがあります。
かつて、「マヨラー」などと呼ばれた人たちが存在していた程、日本人はマヨネーズが大好きなようです。

できれば、たっぷりと料理の味付けに使いたいものですが、カロリーが気になりますし、マヨネーズは身体に悪い印象があります。

松田 マヨネーズ辛口 300g 食用植物油は米澤製油の圧搾法一番絞り無添加なたね油だけを使用しています。

けれど、今では、カロリーや健康への影響が考えられた、自然食品のマヨネーズが出てきています。

私がおすすめのマヨネーズが3つあります。

ひとつめは、松田 マヨネーズ
平飼いの健康な鶏の新鮮な卵をはじめ、食べる方の身になり、厳選した原材料だけで作った自然食品です。究極のマヨネーズです。
化学調味料や食品添加物も一切使用していません。

 

ふたつめは、オーサワの「オーサワの豆乳マヨ」です。

オーサワジャパン オーサワの豆乳マヨ 300g 国内産大豆使用、卵・砂糖・添加物不使用のマクロビオティック食品です コクがあり舌触り滑らかな自然食品です。

大豆で作られた豆乳マヨネーズで、卵、砂糖、食品添加物は一切含まれておらず、
全てが植物性素材で作られています。
他の豆乳マヨネーズより、味がまろやかで、食べやすいです。

最後、3つめは、「べに花マヨネーズ」。
遺伝子組み換えをしていない一番搾りのナタネ油を使い、アミノ酸などの調味料を使わず、オレイン酸60%以上が含まれる、ヘルシーなマヨネーズです。

ヘルシーな、これら自然食品のマヨネーズ。
けれど、いくら質が良くても、その保存方法を間違えると、風味もヘルシー度も落ちてしまいます。では、どのように保存しておくのが良いのでしょうか。

創健社 べに花オレインマヨネーズ 300g 圧搾法一番絞りべに花一番オレインE油を使用の自然食品です。醸造酢など自然な素材のみ使用した軽い風味のマヨネーズ。

まず、未開封のマヨネーズに関しては、直射日光を避けた常温で、涼しい場所に保管しておくことが重要です。
開封したあとのマヨネーズは、低温下(0度以下)で置かれても、高温下で置かれても、乳化力が弱まって、油が分離してしまいます。
そのため、一番マヨネーズの乳化状態が安定する温度は、10℃~30℃となります。
なので、冷蔵庫での保存は、5℃前後と下がり過ぎない、野菜室での保存がおすすめとなります。
又、マヨネーズは、空気に触れると、酸化してしまうため、チューブの場合は、クリップなどで空気を抜いて保存することがおすすめです。

食卓に欠かせないマヨネーズ。
これからは、ヘルシー志向の求められた、自然食品のマヨネーズを使用し、保存方法も正しく行うことで、
より美味しく、健康的に、マヨネーズを使った美味しい料理を食していきたいです。

マクロビオテックで得られる効果

マクロビオテックは最近では知名度が高く、注目を集めています。
マクロビオテックで摂る食事には、玄米や野菜、などの食物繊維を豊富に含む食物を摂取します。
食品添加物を含んだ食事をする事が減るので、そんな食生活を続けていくうちに便秘が解消されたり、お肌の調子がよくなると言った効果も期待できます。
早い人で2,3日でその効果をしっかりと体感することができると言われています。

最も早く実感することができる効果として、便秘解消が上げられていますが、その他にも、マクロビオテックでは身体が温まる食事が増えるので、冷え性の方の改善効果にもつながっていると言われています。

冷え性改善効果や便秘改善効果が働くことによって、吹き出物やニキビが減ってきます。
そして、健康的にも、身体が軽くなったり、疲れにくかったりする効果も期待することができると言われています。

便秘が解消されるので、ダイエット効果も期待できるのです。

マクロビオテックで行われる基本的な食事は、玄米と有機野菜です。
野菜や玄米に配合されている抗酸化作用によって、シミを予防するなどのお肌トラブルへの改善効果も期待することができると言われています。

マクロビオテックでは、乳製品や動物性食品、白米や砂糖などの高カロリーなものは控えなければいけません。
最初はすごくキツイと思うかもしれませんが、続けていれば、だんだん慣れてきます。
そして、動物性食品の変わりに、植物性のたんぱく質やビタミンを多く摂取するので、しっかりと熟睡することができて、次の日も疲れにくいからだに近づくなどのメリットも沢山あります。

マクロビオテックは、日本食が中心になるので、日本人にとっては続けられやすく、馴染みやすい食生活なのではないかと思います。

健康面でもしっかりと効果を発揮することができ、ダイエット効果や美容面についてもしっかりと効果を持つことができるのです。

玄米や、皮・葉・根など丸ごとの野菜が中心となったメニューですが、献立のレパートリーもバラエティ豊かにあるので、料理をすることも楽しくなっていきます。

調味料も、食品添加物の入っていないものに変えるだけでも、しっかりと効果を体感することができます。
調味料が変わると、食材そのものの味にも変化を感じることができます。

美味しく健康的に楽しくする事ができるダイエット法としても、マクロビオテックは今すごく人気のあるダイエット方法だといってもいいでしょう。

意外な自然食品のソースの活用方法

ソースと言えば、代表的な使い方には、フライや目玉焼き、お好み焼きやたこ焼きなどにかけて食べると言ったものというイメージが強いと思います。
しかし、ソースにはいろいろなスパイスが効いているので、料理の隠し味としても大活躍するのです。

王道の料理とも言われているカレーライスの隠し味にも、ソースを使う人は多いです。
簡単に一晩寝かせたような味に仕上がるといわれています。

ボリュームのある料理と言えばトンテキもその一つです。
トンテキの味付けにも、ソースを使えば、簡単に美味しく味が決まると言われています。

から揚げの下味に使う調味料として、醤油を使うことが多いと思いますが、実は、ソースで下味をつけると、コクのあるから揚げを作ることができると言われています。

ヒカリ 有機・ウスターソース 250ml  国内産有機の野菜、果実を100%使用し、リンゴ酢100%を使って仕上げたグルメソースです。特に醸造酢の純リンゴ酢は、アルコール無使用のオーガニックリンゴ酢を使用しています。

ナポリタンを作るときには、中濃ソースがぴったりです。
トマトケチャップとの相性が抜群です。
中濃ソースを加えることによって、いつもよりも深みのあるナポリタンを作ることができるのではないでしょうか。

ソースは焼きそばを作るときにもぴったりです。
ウスターソース濃厚ソースなどをバランスのいい割合で混ぜると、より美味しい焼きそばを作ることができます。
そして、そば飯もまた絶品の料理だと言われています。
絶品のそば飯を、ソースを使うことによって、簡単に作ることができるのです。

ソースには、いくつものスパイスや野菜が溶け込んでいるので、煮物の味付けにも、ソースだけあれば美味しく作れるのです。
豚の角煮などの煮物を作るときにも、ソース一つでより美味しい煮物を作ることができると言われています。

ヒカリ 有機・濃厚ソース 250ml 国内産有機栽培の野菜、果実を主体にオーガニックリンゴ酢100%使用し、醸造酢、砂糖、原塩、香辛料にもこだわったソースです。保存料、着色料、食品添加物、調味料、カラメル色素などは一切使用していません。

また、イベントなどでも大活躍のローズとビーフも、赤ワインやソースを使うことによって、しっかりとした味付けをする事ができると言われています。
シンプルな調味料で、本格的な味付けをしたいときには、ソースはすごくオススメの調味料だと言われています。

ソースを使った料理は、意外にもケーキを作るときにも使われるようです。
深みのある味わいのケーキを作ることができると言われています。
いつもより、本格的なケーキを作りたいときには、ソースを使ってみてはいかがでしょうか。

ソースのスパイスを利用して、魚の臭みを取ることもできます。
洋食だけでなく、和食にも使うことができるソースの使い道は、これだけではなく、さらに沢山あることでしょう。
ソースは、もっと極めたいと思わされる調味料です。

いろいろな使い方を探していくのも楽しいのではないでしょうか。

少々割高だけど白砂糖よりも自然食品のてんさい糖、きび砂糖がおすすめ

しっかりとしたマクロビオティックを取り入れなくても、ゆるやかに正しい味覚を取り戻すためにできる方法があります。
それはできる限り白砂糖を摂りいれないこと、玄米食を摂り入れることでしょうか。

まずは白砂糖ですが、これは精製された砂糖で見ためは白く綺麗ですが栄養はエネルギーになるだけです。
体内で代謝する際にカルシウムやビタミンを使いますのでむしろ栄養泥棒とすら思えます。
ですが、疲れた時の甘いお菓子はほっとしますし100%悪という扱いもどうかと思います。
心の栄養、そのようにとらえて時に楽しむ程度はいいのではないでしょうか。

東京フード 甜菜糖 500g 北海道の甜菜(ビート)から作られた国産の砂糖です。癖のないまろやかで上品な甘さが特長です。お料理にはもちろん、コーヒーなどの甘味料などに最適な自然食品です。

料理に砂糖を使う際におすすめな砂糖としてはてんさい糖、きび砂糖などです。
てんさい糖はオリゴ糖入りと書かれているものなどあり、慣れない人は最初はお腹がゆるくなったり下痢をするかもしれませんが数日で体は慣れる

かと思います。

またきび砂糖は白砂糖とは違うまろやかなおだやかな甘さを感じます。
白砂糖の甘さがきりっと激しく感じるものだとしたら、きび砂糖は優しくほんのりといった感じですね。
お菓子作りなどに使ってもどぎつくはないもののしっかりと甘みは感じますのでおすすめです。

ファインフーズ 発芽玄米・特別栽培米あきたこまち 120g×5 特別栽培米あきたこまちを使用している自然食品です。(栽培期間中農薬不使用)発芽させた後、アルファー化処理していますので、水洗い後すぐ炊くことができます。

先ほども少々述べましたが、砂糖というのは体内で代謝する時にカルシウムやビタミンを奪ってしまいます。
その上、主食が白米や白い小麦粉を使ったパンでしたら、少々糖質の摂りすぎと感じてしまいます。
そこで主食に玄米をプラスすることで栄養のバランスがいいのでおすすめです。
玄米といいましても、慣れていない方、消化の弱い方が摂りますと胃腸に負担がかかり下痢をしてしまいますので最初は白米に混ぜ炊き、または玄米ではなく発芽玄米を使うなどして工夫しましょう。
特に発芽玄米と白米の混ぜ炊きは簡単ですし、食感もプチっとした玄米特有の感覚はあるものの柔らかく炊き上がり消化しやすくなっています。

よく噛んで食べることから満腹感も得られますし、白米より消化に時間がかかるため同じ量でも長い時間腹持ちが良くダイエットにも適した食材です。
よく噛むことで甘みを感じます。
不思議なことに、玄米を摂ることで栄養バランスが整うのか甘いお菓子を欲しなくなる傾向もあると感じます。
発芽玄米には若返り効果が期待できるビタミンE、食物繊維、マグネシウム、カリウムと豊富です。
主食に摂り入れるだけで栄養バランスが整いますから、おかずが貧相でも栄養不足の心配が減ります。
といいますか、玄米食にしますとおかずがなくても何となく満足してしまうという部分があります。
白砂糖の摂取を減らすこと、玄米食を摂り入れることで、かなり体調が良い方向に変わると個人的には感じます。
できることから少しずつ食生活を改善していくことは心がけたいですね。