おいしい自然食品の味噌のこと

塩分を余り気にしない人は、味噌醤油と言うのは調味料として自然食品、健康食品の代表ともいえるでしょう。
それは何故かというと味噌は何からできているかというと、植物性タンパク質の大豆やお米(或いは麦)其れに塩分と水です。
勿論、それに発酵食品ということでも健康食品の仲間に入るのであり、其の麹のうちでも種麹(たねこうじ)であります。
米を原料とする米麹を用いたり麦を原料とする麦麹を用いたり、其れに大豆と塩分を混ぜて作ったのが米味噌であり麦味噌、其れに豆味噌です。

一般的な味噌を作る方法としては、米味噌や麦味噌はこれ等の麹と塩を加えてよく混ぜ合わせたものに、蒸した大豆(煮こんだ大豆でもOK)をつぶし、指定の容器に入れ込んで半年から1年ほど熟成させて発酵させて作るものです。
発酵する途中で大豆の植物性タンパク質がアミノ酸等に変わり、又、デンプン質は麹菌によって甘味栄養成分のブドウ糖に変わります。
これ等を、指定の容器に詰めるまでを「仕込み」といい、仕込んだものを寝かせることを「熟成」ともいって、このあたりはお酒の造り方に似ているところがあります。

お味噌の種類としては、原料別に見てみると単質の米味噌や麦味噌、其れに豆味噌の三種類と、これ等を混ぜ合わせた「ブレンド味噌」(調合味噌)というのもあります。 味は麹の種類、材料の違いによって独特の味がありますが、塩分の濃度によって甘口や辛口といった味によっても分別できます。
更に、よく言われるように白みそや赤みそ等の色の違いによっても分けられますが、所謂、白味噌と赤も其の中間ともいえる黄味がかった色味噌もあります。
其の色の違いは主に大豆の種類や製造方法によっても異なるし、又、発酵や熟成期間の永さの違いにもよるものです。
一般に言えることは熟成する期間というのはが長くなると、次第に赤味を帯びるともされています。

しかし、何と言っても味噌は自然の助けを借りて製造する物であり、従って、気候や季節、地域などによって特徴ある味の味噌が作られ、地元の人は其の味噌が好まれるという特徴があります。
これ等の味噌を「ふるさとの味噌、ふるさとの味」として作られ、地域限定のものもあれば、全国的に流通している物もあります。

最後に味噌のもつ健康効果はといいますと、先ず、発酵した大豆からは免疫力等を高めるタンパク質や血液の流れや新陳代謝をよくする分解脂肪酸の作用、又、腸内環境を良くする食物繊維などがタップリ含まれるようになります。
更には分解酵素などのビタミンやミネラル等もタップリと含まれているのです。
その最大の効果は大豆を原料とし発酵させることによって味噌は一段と栄養価が高くなり、特に、他の発酵食品にもいえることですが、発酵という長期の製造過程を経ているため原料が程よく分解されて、これ等の栄養分が身体によく消化吸収されやすくなっているのが特長なのです。

サンショップのオススメ

オーサワジャパン 手作り玄米味噌セット

はじめての方でも手軽に味噌づくり 国内産水煮大豆・玄米麹・塩のセット
味噌づくりが初めての方でも手軽に挑戦できます。作る過程も楽しめて、できあがった味噌の味はまた格別です。「手前味噌」とはまさにこのことですね!

塩の種類と種類別に合う料理について

には原料の違いによって大きく海水塩と岩塩そして湖塩の3種類に分かれます。

海水塩は海水を原料にして作られている塩で、海水中に存在していたナトリウムやカリウムそしてマグネシウムやカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。
更に海水塩から塩を作り出す方法によって、天日塩と釜炊き塩そして再生加工塩と精製塩の4種類に分けられます。

天日塩は、塩田の海水塩を太陽の光や風に当てて天日干し、その塩田を移動させながら日数をかけて塩分を濃縮していくことで塩を緩やかに結集化させていき、塩化ナトリウムやその他の海水に含まれているミネラル分もそのまま残して作られた塩になります。

釜炊き塩は、海水塩を天日干ししてから、釜炊きを行って水分を蒸発させて作った塩になります。
釜炊き塩も塩化ナトリウムが多く含まれて、海水に含まれていたミネラルも残っています。

再生加工塩は、輸入してきた天日塩を一旦水や海水に溶かしてからミネラル分を追加して作った塩になります。
精製塩は、電極とイオン交換膜を使用して海水から塩化ナトリウムを取り出し、それを釜炊きして水分を取り除いて作り出した塩になります。

ところで一般に利用されている食塩も精製塩に入り、その製法は海水から塩化ナトリウムをイオン交換膜透析法で抽出して濃縮してから、真空蒸発缶で煮詰めて作られています。
天日干しを行わない分広大な土地を必要とせず、天候に関係なく精製できる利点もありますが、その成分の99%が塩化ナトリウムになるので、ナトリウム以外のミネラルは含まれていないので、いわゆる塩ではありますが、ミネラルが不足している分必要なミネラルは他で補う必要があります。

岩塩は、海底の地層が隆起して地上で岩塩層を形成し、その岩塩層からとれる塩のことです。
特徴として塩化ナトリウムの純度が高い塩になります。

湖塩はもともと海だった湖の塩分であったり、地中にある岩塩が雨水や地下水などに溶け出して湖に流れ込み、その結果塩分濃度が濃くなった湖からとれる塩分のことです。
湖塩も高い純度の塩化ナトリウムやその他のミネラルが含まれています。
岩塩や湖塩から塩を作り出す方法は、水に溶かした後に天日干しを行なったり、釜炊きして水分を取り除いて製塩します。

料理に合う塩ですが、海水塩はおにぎりや魚料理、肉類では鶏や豚の料理など、和食に合う塩になります。
岩塩は牛肉などの肉料理に合う塩になります。
湖塩は煮込み料理やマリネに合いますし、肉料理にも合う塩になります。

サンショップのオススメ

奄美自然食本舗 奄美大島さんご塩 200g

奄美さんご塩は、与論島の珊瑚礁から湧き出る透明度の高い海水から造られました。釜で焚く前に天然のさんごの砂でろ過し、じっくり煮詰める昔からの手作りの方法で作っています。

 

風邪を引いた時のマクロビオティックのチョコレートのお菓子

風邪を引いた時の飲み物

マクロビオティックのチョコレートを使用した、これからの季節にピッタリな飲み物を紹介します。先ずは、風邪を引いて食欲が落ちた時に、スープを飲みたい人向けには「ショコラのスープ」が一番お薦めです。
調理時間が10分と短時間で済む事から、風邪で料理をするのが大変な人でも、あっという間に作れます。材料も、牛乳、板チョコ、ジンジャーパウダー、苺、ブルーベリー等の少ない材料なのも魅力です。2人分で、牛乳150cc、板チョコ50g、その他の材料は適量で、好みに応じて付け加えて下さい。先ずは牛乳を沸騰する位に温めて、細かく砕いて置いたチョコレートを加えて、ジンジャーパウダーを入れるだけです。スープ皿に盛り付けて、好みの果物をスープの上に乗せれば完成です。

「スーパーカカオスープ」も、15分の短時間で調理が出来ます。2人分で、生のアーモンド50g、水100cc、バナナ半本、カカオパウダー大匙1杯、デーツ10g、オレンジエキストラクトトカイエンヌペッパーは適量です。此れ等全部を、ミキサーで全て調理します。
カカオパウダーの代用はココアパウダーでも良いです。オレンジエキストラクトの代用は、オレンジ果汁で良いです。先ず、浸け置きして置いたアーモンドの水を捨て、濯いで十分に水気を切り、水と一緒にミキサーに入れて混ぜます。次にボウルに布を敷いてミキサーの中の物を流し入れて水分を絞り、アーモンドミルクが完成します。バナナ、ローカカオパウダー、デーツ、オレンジエキストラクト、アーモンドミルクをミキサーで混ぜ合わせます。スープ皿に入れて、カイエンヌペッパーを適量振り掛ければ、スーパーカカオスープの完成です。15分の調理時間では有りますが、下ごしらえが約1時間掛かるので、人に依っては億劫に感じられるかも知れません。
生のアーモンドを1時間以上、水に浸けて置かなければいけないからです。カカオとバナナ、オレンジ等の混ぜ合わさった特徴の有る高級感溢れる香りが、風邪の憂鬱さを一気に吹き飛ばしてくれる事間違いなしでしょう。

「ショコラ・ショ・ノワール」は、先程のミキサーで作った物と違って、熱が有る時の温かいスープが飲みたい時にお薦めです。2人分で、豆乳240g、メープルシロップ、18g、アガベシロップ18g、シナモンスティック3分の1本、カカオマス36g、ピンクペッパート豆乳をトッピング用に適量です。先ずは、カカオマスとトッピング用以外の全てを小鍋に入れて、中火で煮ます。泡だて器で混ぜながら、表面が上がって来たら火を止めて、カカオマスを加えます。混ぜ合わせて、カップに注ぎます。ボウルにトッピング用の豆乳をミルクフォーマ―で泡立て、カップのショコラ・ショの上に流し入れます。大きめのスプーンで入れると上手に入れる事が出来ると思います。最後は、中央部分にピンクペッパーを散らして完成です。
ショコラ・ショ・ノワールは、ホット・ダーク・チョコレートと同じ物です。見た目も何処かカプチーノにそっくりなので、一度は飲んでみたいと誰でも思う飲み物でしょう。豆乳を材料の中に使用している点が、正にマクロビオティックの自然な素材を生かした飲み物と言えると思います。

風邪の治りかけ

風邪は、人それぞれ症状も治る期間も短い人で3日、長い人で2週間以上も掛かるのですが、段々と良くなって来たら、喉越しの良い物を食べたくなる人が多い様です。「豆腐のムース・オ・ショコラ」は、チョコレートムースですが、市販の物は滅多に見かけません。チョコレートが入っていない普通のムースは、スーパーに在りました。
水切りした木綿豆腐250gと、豆乳140g、メープルシロップ65g、米飴60g、塩0.5g、カカオマス100g、グランマニエ20gと、好みのナッツ類をあら刻みにした物100g、水10g、はナッツに後から掛ける物です。苺、オレンジ、セルフィーユトフランボワーズのソースは飾り用で、適量になっています。先ず、水切りした豆腐をフードプロセッサーにかけます。小鍋に豆乳、メープルシロップ、米飴、塩を入れて中火で煮ます。泡だて器で混ぜて表面が沸騰して来たら、火を止めてカカオマスを加えて、泡だて器からゴムベラに変えて、混ぜ合わせて溶かします。
最初に水切りした豆腐に小鍋の中身を数回に分けて居れます。その都度、フードプロセッサで良く滑らかにします。最後は、グランマニエを加えて容器に移して冷蔵庫で冷やすのです。後から掛ける物は、全て小鍋で火に掛けて溶かして最後にお皿に後から掛ける物を適量置き、その上に大きなスプーンでクネル状にすくったムースを乗せます。フルーツを上から掛けてソースで仕上げます。此の料理は、かなり手が込んでいるので、風邪が治りかけの人や未だ風邪気味の人は、家族の人に作って貰えるかどうか訊いた方が良いと思います。
料理を作る事は、結構重労働なので、風邪が治りかけの大切な時期に、あっさりとした口どけの良いムースが食べたいからと自分で作ってまた体調を悪化させては、元も子もないからです。

風邪も治って来たら

風邪も段々と症状が治まって来たら、食事も普段と変わらない物を食べたくなります。そんな時は、マクロビオティックのチョコレートを使用したお菓子を食べる事が、その後の健康維持にも大いに役立つ事でしょう。
チョコレートの主な成分はカカオですが、ポリフェノール、抗酸化物質、抗ストレス作用、アンチエイジング、脳の活動を活発にする働きが有る事等が判明しています。そんなカカオは、赤ワインと効能が比較的良く似ている為に、何かしら比べられる事も多いのですが、赤ワイン依りも、人体にとって多くの良い効果の期待が、カカオの成分に含まれているのです。
しかし、市販のチョコレートは乳製品、乳化剤、精製糖等が使用され、消化器官、内臓にとっては良くない負担となってしまいます。その点で、マクロビオティックのチョコレートを使用したスイーツは、精製糖、乳製品、香料、乳化剤等の、通常入っているクーヴェルチュールを使わない、卵やその他の動物性の材料は不使用、良質なカカオマス、可能な限りのオーガニック、出来るだけ国内の産地が明確な食材を使用して、お客さんが安心してスイーツを食べる事が出来る様にする為に様々な点できめ細やかな配慮が成されて有ります。
ショートブレッドは、固いイメージが有りますが、「100%カカオのスパイシーブレッド」は、其処迄食感を気にする事は無く食べることが出来ます。強力粉50g、薄力粉50g、ココアパウダー10g、塩1.5g、玄米粉80g、黒胡椒0.2g、菜種油50g、メープルシロップ45g、ヒマラヤ岩塩適量の材料が必要です。
菜種油とメープルシロップを乳化する迄、混ぜ合わせます。此の2つの材料以外の物全てをボウルに振るい入れます。混ぜ合わせたシロップ類とボウルの粉類をざっくりと混ぜ合わせます。麺棒で8mmの厚さに伸ばして、細長く切り、表面にヒマラヤ岩塩を振り掛けて、押さえて接着します。
割れやすい生地なので、注意してオーブンペーパーを敷いた天板に移して、170℃で15分程焼けば、完成と成ります。
此のショートブレッドは、ココアや珈琲、紅茶のお菓子としても、ワインや焼酎を飲む大人の御摘まみとしても合うお菓子の一つですので、子供から大人迄、幅広い年代に好まれるお菓子です。

サンショップのオススメ

イデアプロモーション ダーデン 有機チョコレート ダーク95% 90g

有機JAS認定の自然食品です。乳製品・乳化剤不使用の自然食品です。 カカオの濃厚な味わい

 

手軽に自然食のきな粉を毎日摂る方法

大豆の栄養が丸ごと摂れるということで、最近は自然食品のきな粉を毎日の食事に取り入れる方が増えています。
大豆には多くの栄養素が含まれていますが、きな粉は粉なので大豆そのものを食べるよりも消化がよくなり、より沢山の栄養素を吸収することができるのです。

確かに自然食品のきな粉は美味しいのですが、あべかわ餅くらいしか思いつかず、買ったものの使い勝手が悪いという印象があります。
一度に沢山使うことがないので、袋を開けたまま時間が経ってしまい冷蔵庫の中で水分を吸収してしまい、結果的に処分してしまうという話も珍しくはありません。

きな粉には、たんぱく質やミネラル、ビタミンB1やビタミンB2、そして食物繊維やイソフラボンなど女性にとってうれしい成分が豊富に含まれています。
なので、本当は毎日摂りたい食材なのです。
どうすれば毎日手軽に自然食品のきな粉を摂れるかというと、粉なので基本は何かに混ぜるだけです。

毎日きな粉は食べないけれど、毎日牛乳や豆乳を飲む方多くいます。
それにきな粉を混ぜて飲むだけで、香ばしくほんのり甘いドリンクに変わるのです。
しかし、中には粉っぽさが気になるという方もいます。
そんな時は、一緒にバナナも混ぜてミキサーにかけるとシェイクのようになり非常においしく飲めます。

お子様や年配の方が飲む場合は、ゆっくり摂るほうが良いので牛乳や豆乳よりも、ヨーグルトに混ぜてスプーンでゆっくり食べると、きな粉の甘味とヨーグルトの酸味が合わさりおいしく頂けるのです。
もっとおいしく自然食品のきな粉を使用したい時は、小麦粉感覚で使うと簡単です

手軽なのは、ホットケーキを焼く際に好きな量のきな粉を混ぜます。
あとは普段通り焼くだけで、きな粉ホットケーキの出来上がりです。
はちみつとの相性も抜群なので、いつもとは少し違った味を楽しむことができます。
お菓子作りが得意な方は、クッキーを作る際に自然食品のきな粉を混ぜ込むと良いです。
きな粉が入るとクッキーの触感が軽くなり、サクッと歯触りの良いクッキーが仕上がります。
お腹の中で膨らむので、ダイエットクッキーとしても最適です。

きな粉は使いづらい印象がありましたが、実は様々な使い方があります。
イソフラボンも豊富なので、毎日自然食品のきな粉をいつもの食材に加えるだけで、女性らしさもアップして肌や髪まで綺麗になれるのです。
一気に使わない場合は、ジッパー付きのきな粉も多く販売されていますので、毎日の食事やおやつタイムに積極的に取り入れていきたいものです。

サンショップのオススメ

TAC21 はとむぎきな粉 20g×6

炭火焼した岩手産の大豆の粉をブレンドして作った使い切りタイプの香ばしいきな粉です。

 

上手な自然食品のだしの選び方

だしは、和食の味を決めるものとされています。
だしには、昆布だしやかつおだし、煮干だしなど、いろいろなだしがあります。
だしは日陰のような存在ではありますが、料理をする上で欠かすことのできない重要な存在でもあります。

料理のプロにとって、だし選びから重要視されており、料理によって、だしを変えるとも言われています。

いろいろなものからだしをとることができますが、料理に合っただしを選ぶ事もすごく重要だといわれています。

昆布だしは、料理全体の縁の下の力持ちとも言われており、肉じゃがや豚汁、鍋物など、肉や魚と野菜の組み合わせた料理を作るときにオススメだといわれています。

筑前煮や高野豆腐の煮物など、旨みの弱い料理には、椎茸のだしがオススメです。
旨みの弱い料理には、濃い目のだしを使うと、より美味しく仕上げることができると言われています。

味噌汁には煮干だしがオススメです。
煮干だしに使われる煮干は、栄養価も高いので、ミキサーなどで粉々にして、ふりかけとして使うのもオススメです。

昆布だしと、かつおだしをあわせると、旨みの相乗効果で、より美味しいだしを作ることができると言われています。
お吸い物など、繊細な料理を作るときには、昆布とかつおの一番だしを使うのがオススメです。
出しそのものの味がしっかりとしていて、より美味しくできるのです。

昆布だしは、和風料理に使うときに、昆布も一緒に食べることができたりと、だしとしての役割だけではなく、昆布そのものも美味しく食べることができると言った魅力があります。

和風料理にはすごく大活躍の昆布ですが、実はカレーライスやミネストローネなどの洋食にもぴったりなのです。
カレーには、2日目のような味わいになったり、ミネストローネには、酸味やえぐみをとり、やわらかな味わいになるのです。

昆布だしとトマトの組み合わせもすごく相性が良いので、トマト缶と昆布だしの組み合わせで料理をするのも、美味しい料理を作るうえですごくオススメだと言われています。

だしは、このほかにも、鶏がらだしやコンソメブイヨンなどもあり、和洋中と、いろいろな料理を使うときに分けて使うと思います。

中華料理には鶏がらだしや中華だしを使い、洋食を使うときにはコンソメを使ったりと、いろいろと使い方があるように思いますが、和食を作るときに大活躍の昆布だしやかつおだしは、洋食や中華にも大活躍な万能の出しだといわれているのです。

サンショップのオススメ

創健社 チキンコンソメ 10ヶ入 45g

洋風、中華料理などにとても便利なキューブ状の固形コンソメスープです。チキン(鶏)から作ったエキスをベースに自然なおいしさを追求しまし た。化学調味料、合成食品添加物は、加えておりません。 アルミ蒸着個包装なので、湿気にくく、開封するまでおいしさも保持さされています。

2017年 年末年始の商品出荷スケジュール とお休みについて

毎度自然食品のお店サンショプをご利用いただきまして、まことにありがとうございます。
サンショップは12月30日から1月4日まで年末年始のお休みをいたします。ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

年末年始のお休み
12月30日(土)~1月4日(木) お休み

年末年始の商品出荷スケジュールとお休みにつきまして

2017年
22日(金) AM8:00までのご注文 → 26日(火)~28日(木)出荷予定
23日(土) お休み
24日(日) お休み
25日(月) AM8:00までのご注文 → 26日(火)~28日(木)出荷予定
26日(火)     〃     → 27日(火)~1月6日(土)出荷予定
27日(水)     〃     → 28日(火)~1月6日(土)出荷予定
28日(木)     〃     → 1月6日(土)~1月10日(水)出荷予定
29日(金)     〃     → 1月6日(土)~1月10日(水)出荷予定
30日(土) お休み
31日(日) お休み

2018年
1月
1日(月) お休み
2日(火) お休み
3日(水) お休み
4日(木) お休み
5日(金) AM8:00までのご注文 → 6日(土)~10日(水)出荷予定
6日(土)     〃     → 10日(水)~13日(土)出荷予定
7日(日) お休み
8日(月) お休み
9日(火) AM8:00までのご注文 → 10日(水)~13日(土)出荷予定
10日(水)     〃     → 11日(木)~13日(土)出荷予定

年末年始は輸送が混み合うため、ご希望の配達日、時間帯にお届け出来ないことがございます。
この期間、各メーカー、問屋もお休みに入りますので、商品の欠品が多数発生してしまうことがございます。

確実に年内お届け希望の方は、12月25日午前8時までにご注文ください。

手作りマクロビチョコレートと手作りマクロビチョコレートケーキのレシピ

健康的なマクロビチョコレート

チョコレートは様々なお菓子の中でも特に人気のあるお菓子です。
甘党の方ならチョコレートが好きという方が多いでしょうし、甘党じゃなくても甘さ控えめのチョコレートが好きという方も居ると思います。
チョコレートが嫌いという方は少ないと思います。それくらいチョコレートは人気のあるお菓子だと思います。
チョコレートは今色々なメーカーから販売されています。
日本の大手のお菓子メーカーやチョコレートのメーカー、そして海外の大手のお菓子メーカーやチョコレートのメーカーや無農薬のチョコレートを販売しているメーカーまで、色々なメーカーからチョコレートが販売されています。
それから、健康志向の方向けのマクロビのチョコレートを販売しているメーカーもあります。

普通のチョコレートには乳製品や卵や白砂糖が入っていますが、マクロビチョコレートには乳製品や卵や白砂糖が入っていおらず、全て植物性の食品で作られています。
マクロビチョコレートは普通のチョコレートに入っている乳製品や卵の代わりを、キャロブや大豆製品などを使用して作られています。
そして白砂糖の代わりに甜菜糖やアガベパウダーやココナッツシュガーなどを使用して作られています。
なので栄養的に普通のチョコレートよりもマクロビチョコレートのほうが良いですし、美容やダイエットの面から見てもマクロビチョコレートの方が遙かに良いです。
なので美しくなりたい方は、チョコレートを食べたい時には普通のチョコレートではなくてマクロビチョコレートを食べるようにすると良いです。
そうすれば、体に良くない乳製品や卵や白砂糖を食べなくて済みます。
乳製品や卵のアレルギーを持っている方でも、普通のチョコレートは食べれなくてもマクロビチョコレートなら乳製品や卵が入っていないので食べることが出来ます。

マクロビチョコレートは健康食品のお店やインターネットのオーガニック系の食品を販売しているお店で販売しているので、マクロビチョコレートが食べたい時はそういったお店で買って食べると良いです。
マクロビチョコレートは普通のチョコレートよりも値段が結構高いので、節約をしたい時はマクロビチョコレートを手作りして食べると良いです。

ココアパウダーで手作りマクロビチョコレート

市販のマクロビチョコレートは値段が結構高いので、自分でマクロビチョコレートを手作りして食べたいという方も多いと思います。
普通はチョコレートを作る時はカカオマスやカカオバターが必要になりますが、カカオマスやカカオバターは普通では売っていないことが多いので、なかなか手に入らない食材だと思います。
なので自分でマクロビチョコレートを手作りして食べたくても、なかなかカカオマスやカカオバターが手に入らないので作れないと思う方が多いと思います。
でもカカオマスやカカオバターが手に入らなくても、よく売っているカカオパウダーを使ってマクロビチョコレートのような似たような成分の良いチョコレートを作ることも出来ます。
そのカカオパウダーを使って作るマクロビチョコレートの材料は、カカオパウダー・豆乳甜菜糖です。

作り方はとても簡単です。
ボウルにカカオパウダーと甜菜糖を入れてから、豆乳を少しだけ入れてよく混ぜます。
そして食べやすい大きさに丸めたり、小さいタッパーに敷き詰めて入れてたものを冷蔵庫に入れて30分くらい寝かせます。
そして冷蔵庫から取り出した食べやすい大きさに丸めたマクロビチョコレートは、そのまま食べても良いですし仕上げに外側にココアパウダーをまぶしても良いです。
小さいタッパーに入れたマクロビチョコレートは、包丁で食べやすい大きさにカットしてからお皿に乗せます。
このマクロビチョコレートも仕上げに外側にココアパウダーをまぶしても良いです。
これでマクロビチョコレートの出来上がりです。

加熱調理せずにただ材料を混ぜるだけなので、どなたでも簡単に作ることが出来ます。
この手作りマクロビチョコレートはココアパウダーを使用しているので、生チョコレートのように柔らかい食感のチョコレートになっています。
手作りマクロビチョコレートを作る時に使う甘味料は、甜菜糖の他にもメープルシロップや玄米麹で作った玄米甘酒や人参をすり下ろしたもの、そしてレーズンやプルーンなどの甘みの強いドライフルーツを入れて使うのも良いです。
ナッツを入れたいな~という時は、胡桃やアーモンドを入れて作ると良いです。
少し風味を変えて作りたいな~という時は、シナモンパウダーを入れて作ると良いです。
この手作りマクロビチョコレートは、お金もそんなにかからないので節約をしてチョコレートを作りたい時にぴったりなレシピですし、普通のチョコレートよりも遙かに栄養的に良いのでお勧めです。
ダイエット中にチョコレートが食べたくなった時にもお勧めのレシピです。

カカオパウダーで手作りマクロビチョコレートケーキ

マクロビチョコレートも食べたいけど、マクロビチョコレートケーキも食べたいな~という時は、先程にも書いたようにカカオマスやカカオバターの代わりにカカオパウダーを使って手作りマクロビチョコレートケーキを作って食べると良いです。
手作りマクロビチョコレートケーキの材料は、玄米粉・カカオパウダー・甜菜糖・豆乳です。

作り方は、ボウルに玄米粉とカカオパウダーと甜菜糖と豆乳を入れてよく混ぜたものを、オーブンで焼きます。
オーブンで焼き上がった手作りマクロビチョコレートケーキは、冷ましてから食べるとより美味しく食べれます。カカオパウダーの量が多ければ、カカオの味が濃くて濃厚な味わいの手作りマクロビチョコレートケーキになります。

先程紹介した手作りマクロビチョコレートと同じように、この手作りマクロビチョコレートケーキに使う甘味料も、甜菜糖の他にもメープルシロップや玄米麹で作った玄米甘酒や人参をすり下ろしたもの、そしてレーズンやプルーンなどの甘みの強いドライフルーツを使うと良いです。甜菜糖よりも人参をすり下ろしたものを入れたり、レーズンやプルーンを入れたほうがより健康にも美容にも良いマクロビチョコレートケーキを作ることが出来ます。
手作りマクロビチョコレートケーキにナッツを入れたいな~という時は、この手作りマクロビチョコレートケーキを食べる時に、胡桃やアーモンドを一緒に食べるようにすると良いです。

手作りマクロビチョコレートケーキに胡桃やアーモンドを入れて焼くと、胡桃やアーモンドに含まれている脂質に熱が加わって酸化してしまうので、手作りマクロビチョコレートケーキに胡桃やアーモンドを入れて焼かないほうが良いです。
そうしたほうが栄養的に良いです。
手作りマクロビチョコレートケーキの風味を少し変えたいな~という時は、手作りマクロビチョコレートと同じようにシナモンパウダーを入れて作ると良いです。
この手作りマクロビチョコレートケーキは、小麦の全粒粉を使わずに玄米粉を使っているので、小麦アレルギーの方でも食べることが出来ます。
こんな風に健康と美容に良い食材を使って手作りマクロビチョコレートケーキを作って食べたほうが、普通のチョコレートケーキを食べるよりも遙かに栄養的に良いです。
ダイエット中にチョコレートケーキが食べたくなった時にもお勧めのレシピです。

サンショップのオススメ

八ヶ岳ナチュレパティスリー リッチガトー・オ・ショコラ

上質カカオ香る濃厚なしっとりチョコレートケーキ 植物性の材料のみで作られた自然食品です。乳製品アレルギーのある方にもおすすめ。

 

自然食品の醤油

醤油は、調味料の中でも、ほとんどの料理に使われているものとして言われています。
しかし、本来の醤油の原材料名は、大豆、小麦、食塩とだけしかかかれていないのです。
これが本物の醤油だと言われています。

もし、原材料名に、加糖ぶどう濃縮液やカラメル色素などと書かれているものがあれば、本物の醤油ではないと言われています。
これは、科学しょうゆだといわれており、本物のしょうゆと、製造方法が異なるのです。

本物のしょうゆでは、麹菌や酵母の発酵の力で、たんぱく質を加水分解してアミノ酸とします。

しかし、科学しょうゆでは、塩酸で加水分解をしてしまうのです。
本物のしょうゆに比べると、短時間で行うことができ、手軽にしょうゆができてしまうのです。
こうして出来る物を「アミノ酸液」と呼んでいるのです。

アミノ酸80%未満、本格醸造しょうゆ20%以上混ぜたものを、「アミノ酸混合しょうゆ」と言われており、製造時間も、わずか2,3日で、作ることが出来てしまうといわれています。

本物のしょうゆなら製造するのに、半年から1年以上はかかると言われています。

科学しょうゆは、発酵食品ではないので、すぐに腐ってしまいます。
それを押さえるために、ソルビン酸や、安息香酸ナトリウムなどの保存料や防腐剤などが入れられるのです。

しょうゆは、煮物やおすましを作る際にすごく重要となってくる材料です。
野菜のおひたしや、お刺身をつけるしょうゆとしても、必要不可欠なものとして言われています。
お刺身の場合には、ダイレクトにしょうゆをつけますよね。

体の中に入る調味料としては、多くを占めているのではないでしょうか。
美味しく健康にしょうゆを摂り入れるためにも、出来るだけ、本物のしょうゆを食べて欲しいと思います。

脱脂加工大豆やカラメル色素、ぶどう糖果糖液糖など、書いてあるかを、買い物をした時に、しっかりとチェックしてみてはいかがでしょうか。
値段だけではなく、健康のことを考えて、調味料選びをすることも、すごく大事になってきます。

安売りしているしょうゆには、特に注意です。
表に「本醸造」と書かれていても、裏を見れば、本物かどうかが分かります。

見た目には、本物に見えるしょうゆですが、裏を見れば、現材料名がすごく違ってくるのです。

美味しく健康に体の中に摂り入れるためにも、調味料にこだわってみるといいですね。
しょうゆにも作り方によって味が変わって来るので、本物の味を追求するのもオススメです。

サンショップのオススメ

オーサワジャパン 本造りしょうゆ 1.8L

国内産特別栽培大豆・小麦使用 コクがあり深みのある味わいの自然食品です。天然醸造法で2年以上かけて長期熟成させた、再仕込み風濃口醤油です。塩分16.9%

 

きな粉と大豆粉の特徴と違い

多くの人が大豆粉ときな粉は、同じものと思われていると思いますが、大豆を原料として、粉末状にしたものという共通点があるものの大豆粉ときな粉では、製法が異なり、調理に合うかなども違ってきています。大豆粉ときな粉の製法の違いやカロリーや糖質量も異なると言えます。

大豆粉ときな粉の違いについて

大豆から出来ているという事から大豆粉きな粉の粉製品の細かな違いは意外と認知されていないかもしれません。
そもそもきな粉と大豆粉は製法によって大きな異なるポイントがあります。

基本的に大豆粉は生の大豆をただ粉末状に挽いた粉であり、きな粉は大豆を一度煎ってから粉末状に挽いた粉と言えます。
大豆粉は生の大豆から作られて、きな粉は加熱された大豆から作られています。
大豆粉は火を入れる料理に使用されていて、きな粉は一度は加熱されている事からそのまま使用がオーソドックスであり、調理シーンの大きな違いがあると言えます。

大豆粉ときな粉のそれぞれの特徴を考えると小麦粉に比べて大豆粉やきな粉は糖質量が少ないので、ダイエットなどでの糖質制限をしたい時には大豆粉やきな粉が、小麦粉の代わりとして利用できます。
食物繊維量のことを考えると、きな粉の含有量がもっとも高い事からダイエットに最適の食材として女性には人気があります。
食物繊維が高いことは、体外に老廃物を排出してくれる働きがより期待出来ることから、女性の悩みでもある便秘の症状も助けてくれます。

きな粉は、そのまま食べることが出来ると認知されていますが、大豆粉は生の大豆を煎ったものなので、調理の際には加熱が必要になります。
きな粉と大豆粉は、100gで考えた時の脂質量が25g前後と、小麦粉と比べると大幅に多い特徴があります。
脂質は炭素を含む事から加熱すると、焦げて黒くなりやすいといった性質がある事から、お好み焼きやケーキさ、通常小麦粉が使用されて、大豆粉やきな粉は避けられる理由と言えます。
大豆粉やきな粉を加熱して調理する時には、加熱し過ぎないように注意する必要があります。

大豆粉ときな粉の料理としての考え方

大豆粉ときな粉の違いは認知されていないだけでとても単純と言えます。
生のままか、加熱して作ってあるのかという違いですが、大豆粉は生のままでは消化が良くないので基本的には、調理する必要があります。
特徴を生かしたレシピや調理に使用することが肝要です。ダイエットに大注目の大豆粉やきな粉ですが、ヘルシーに食べることが出来るので、オススメの食材と言えます。

SUN SHOPのオススメ

みたけ そのまま使える大豆粉 100g

北海道産大豆100%の自然食品です。 溶けやすい微粉末タイプ 大豆のほのかな甘み

自然食の食物油と健康との関連

私たちが口にする食用油は、脂肪酸という有機酸で構成されています。脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、動物由来の油脂、例えばバターやラードなどにはパルミチン酸とかステアリン酸という飽和脂肪酸が多く含まれており、植物由来でもココナッツオイルなどには飽和脂肪酸が多く含まれています。飽和脂肪酸は融点が高いため熱で溶けにくく、通常の温度では半固形の状態になっているので、熱に溶けやすい不飽和脂肪酸と見分けることが出来ます。

不飽和脂肪酸には、いろいろな種類がありますが、人の体内では合成されない不飽和脂肪酸は必須脂肪酸とされ、オメガ-6系と呼ばれるリノール酸やオメガ3-系と呼ばれるアルファリノレン酸は必須脂肪酸と言われています。また、青魚に多いとされるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などもオメガ3-系の不飽和脂肪酸です。
オメガ6系のリノール酸を多く含む植物油としては大豆油、トウモロコシ油(コーンオイル)などがあり、オメガ3-系のアルファリノレン酸を多く含む植物油としては、えごま油、亜麻仁油、紫蘇油などがあります。
その他オメガ9系の脂肪酸として、オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸があります。

これらの天然の植物由来の食物油と健康との関係について少し紹介してみましょう。
オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、不飽和脂肪酸の中でも比較的酸化されにくいので、加熱しても人体に有害な過酸化脂質ができにくく、高温での調理に向いていると言えます。体内に入っても活性酸素で酸化されにくいので、動脈硬化の予防などにもつながります。また、オレイン酸は動物実験などの結果、悪玉コレステロールを減少させると言われています。

家庭でよく使用される大豆油やコーン油は、不飽和脂肪酸としては主にリノール酸とオレイン酸を含んでいます。リノール酸には中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果があると言われています。またどちらも抗酸化作用のあるビタミンEを豊富に含んでいます。

えごま油や亜麻仁油は必須脂肪酸のアルファリノレン酸を豊富に含んでいますが、アルファリノレン酸は加熱で酸化されやすい不飽和脂肪酸なので、できるだけ生のままで、サラダのドレッシングなどにして使用するのがよいでしょう。アルファリノレン酸はその一部が体内で同じオメガ3系のEPAやDHAに変わるため、これらの血流改善効果なども期待されます。またアルファリノレン酸は細胞膜を構成する重要な成分です。

サンショップのオススメ

創健社 ジロロモーニ 有機エキストラヴァージンオリーブオイル 250ml

有機JAS認定の自然食品です。イタリア南部カラーブリア州ラウロポーリ、シーバリ地区に広がるオリーブ畑で有機栽培されたオリーブの実から作られたエキストラヴァージンオリーブオイルです。